電気代の大半を占めている家電から

私たちの毎日の生活の中で電気は付き物です。

365日稼働している冷蔵庫の設定温度や使い方の見直をしましょう。
一番稼働率が高い分、消費電力も高いのです。

次に照明ではないでしょうか。
照明をLEDに換えるとかなりの節電になります。
ただ、まだまだ価格が高いのですが、寿命が長く節電できるのでここは考えようではないかと思います。

当初より安く販売されるようになってきましたのでそろそろ寿命の照明器具は、買い換えるといいでしょう。
手始めに、電球をLED電球に交換するのもいいと思います。
手ごろな価格で販売されています。

日常の生活で、必要のない所の照明は付けないことです。
家族がいるなら、一つの部屋で集まり無駄な照明は消すことです。
廊下など通る時に付ければいいことです。
誰もいない部屋まで、付けることはありません。

毎日のお風呂上がりに、ヘアドライヤーを使う方も多いでしょう。
使う前にしっかりとタオルドライした髪に使うと、乾きも早く消費電力を抑えることが出来ます。

掃除機はどうでしょう。
毎日使う方もあるでしょうし、1週間に数日という方もおられるでしょうが掛ける前に部屋を片付けて、掃除機を掛けやすくして使うと無駄な時間が省けて節約になります。
移動のときなどは、スイッチを切るように心がけましょう。
ごみが溜まったままになっていると、消費電力が上がります。
溜まればその都度、綺麗にしておきましょう。

季節の家電が消費電力が多いものです。
夏はエアコンが一番でしょう。
設定温度を28度にするのが理想です。
窓を開け、扇風機を使うなどして風の流れで涼むのも一つですが温度が高すぎても、低すぎてもいけません。
ある程度の心地よさがあれば良いと思います。

冬はエアコンで一時的にまず部屋を暖めてから、ストーブなどを使い暖を取るようにするとよいでしょう。

消費電力を大きく締める家電から、無理せず節約していきましょう。

このページのトップへ