電気代の料金体系

各電力会社によって電力体系に違いがあります。

たとえば関西電力では

はぴeタイムは
リビングタイムがあり平日の朝7時から10時までと17時から23時と土曜祝日を含む休日には、朝7時から23時まで割安な時間帯がありその時間帯に使うとお得になります。
特にお得なのが、深夜に使うナイトタイムです。
23時から翌朝7時までが、特にお得になっています。

時間帯別電灯は
ご家庭で昼間はあまり使わず、夜間に電量をたくさん使う方にはとてもお得です。
ただしこの場合、昼間の使用料は割高になるので注意が必要です。
昼間の時間帯は、7時から23時が割高になり3時から翌朝7時までがお得です。

季節別電灯SPは
7月1日から9月30日までの期間平日ピーク時間帯13時から16時までが、かなり割高になり7時から13時と16時から23時がオフピークになるので、割安になりますが3段階にUPします。
同じ期間内で土曜祝日を含む休日は、7時から23時まで同じ3段階の料金になります。
この時間帯で、その他の期間があり10月1日から翌年の6月30日まで適用されます。
これらは一例です。

東京電力では
従量電灯BC・朝得プラン・夜得プラン・半日お得プラン・土日お得プランなどがあり
東京電量では、ご家庭にあったプランを診断してくれますので利用するといいでしょう。

その他、電力会社によって時間帯にも違いがあるようですし契約している電力会社の料金体系をよく知りそれぞれ生活にあったお得な時間帯で選び、賢く節電しましょう。

今年も各電力会社の値上げが予定されています。
お得なプランを利用して乗り切りたいものです。

公共料金を銀行口座から引き落としている方もいらっしゃると思いますが、絶対にクレジットカードから引き落とした方が良いです。と言うのも、クレジットカードはマイルを貯めることができるので、「塵も積もれば山となる」です。マイルを貯めるのであれば、やっぱりアメックスですね。アメックスのマイルについて詳しく知りたい方はhttps://amex-mania.comをご覧ください!

このページのトップへ